入れ替え12 入れ替え13

ハードディスクを丸ごとコピー 簡単操作でOS・アプリケーションすべて移行

Windowsシステムを含むハードディスク全体を、ほぼ自動的に他のハードディスクにコピー、あとはハードディスクを付け替えるだけ。簡単操作で新バージョン「12PRO」は隠しパーティション対応も充実。隠しパーティションを無視してコピーすると、コピー先のハードディスクでWindowsが起動できなくなる場合がありますが、「ファイナルハードディスク入れ替え12PRO」なら、隠しパーティションごと新しいハードディスクに複製できるため、こうした問題にも安心です。
「ファイナルハードディスク入れ替え12PRO」は、インストール不要、CDから起動またはUSBから起動できるので、インストールしなくても作業ができます。

ファイナルハードディスク入れ替え12PROの概要

簡単操作でハードディスクを丸ごと入れ替え

OSやアプリケーションなどハードディスクの中身を丸ごと別のハードディスクにコピー。
起動可能なバックアップを作成することができます。
データを圧縮せずそのままバックアップするのでデータが壊れる心配がありません。
イメージバックアップ系のソフトの場合、DVDメディアなどにバックアップできるというメリットがある反面、イメージとして圧縮するのに時間が掛かり、またデータも壊れやすいという声が聞かれます。 「ファイナルハードディスク入れ替え」は、ハードディスクにWindows標準形式のままバックアップするので圧縮時間がなく、データが壊れる心配もありません。

ファイナルハードディスク入れ替え12PROで簡単、ハードディスク入れ替え

主な機能
  • ハードディスクを丸ごとコピー

OSやアプリケーションなどハードディスクの中身を丸ごと別のハードディスクにコピー。

・ コピー可能なデータ
WindowsOS/アプリケーション/Eメール/ユーザデータ(Word、Excel、PowerPoint、JPEG、MP3ファイル)など

  • パーティションの自動サイズ変更

コピー先のハードディスク容量に合わせて自動的に比例配分してパーティションのサイズ変更を行います。
※パーティションのサイズのフォーマットは任意に変更することも可能です。変更する場合は、容量とフォーマットにご注意ください。

  • 隠しパーティション対応も充実

隠しパーティションを無視してコピーすると、コピー先のハードディスクでWindowsが起動できなくなる場合がありますが、「ファイナルハードディスク入れ替え12PRO」なら、オリジナルディスクの整合性を保ちながら、隠しパーティション(リカバリ用パーティション、診断用パーティション)を含めたシステムディスク全体をコピーできます。(隠しパーティションの種類によっては対応できない場合があります)


主な特徴
ファイナルハードディスク入れ替え12PROの3つのメリット

ハードディスク入れ替え手順
  • ディスクトップパソコンのハードディスク入れ替え
ディスクトップパソコンのハードディスク入れ替え
  • ノートパソコンのハードディスク入れ替え
ノートパソコンのハードディスク入れ替え
対応デバイス

 

ファイナルハードディスク入れ替えだからできること
  • ハードディスクを丸ごとコピー
    OSやアプリケーションなどハードディスクの中身を丸ごと別のハードディスクにコピー。
  • パーティションの自動サイズ変更
    コピー先のハードディスク容量に合わせて自動的に、パーティションのサイズを変更することができます。
  • 隠しパーティション対応
    オリジナルディスクの整合性を保ちながら、隠しパーティション(リカバリ用パーティション、診断用パーティション)を含む、システムディスク全体をコピー
bottom
簡単操作でハードディスクを丸ごと入れ替え
  • 新しいHDDを接続
    新しいハードディスクをPCにケーブルで接続。
  • HDDを丸ごとコピー
    「ハードディスク入れ替え」を起動して、新しいハードディスクに古いハードディスクの中身を丸ごとコピー。
  • HDDを入れ替えて完了
    コピー完了後パソコンの電源を落とし、古いハードディスクをパソコン本体から取り外し、新しいHDDを入れ替えて完了。
bottom
ハードディスク入れ替えでコピー可能なデータ
  • WindowsOS
  • アプリケーション
  • Eメール
  • 各種データ
    ・Word
    ・Excel
    ・PowerPoint、
    ・JPEG(画像データ)
    ・MP3 (音楽データ)
    など
bottom
動作環境
  • PC / AT互換機
  • OS:日本語版 Windows
    7(64bit対応), Vista, XP(SP2以上)
  • メモリ:256MB以上
    (1GB以上推奨)、Windows PE版を使用する場合は、768MB以上(1GB以上推奨)
  • ハードディスク空き容量:200MB以上
  • ディスプレイ:
    256色VGA解像度以上
bottom

動作環境

  • PC / AT互換機
  • OS:日本語版 Windows 7(64bit対応), Vista(SP1), XP(SP2以上)
  • メモリ:256MB以上(1GB以上推奨), Windows PE版を使用する場合は、768MB以上(1GB以上推奨)
  • ハードディスク空き容量:200MB以上
  • ディスプレイ:256色VGA解像度以上

注意事項

  • 弊社ソフトウェア「ファイナル BackUp シリーズ」がインストールされている環境では、本ソフトウェアをご使用いただけません。
  • ご使用には、ローカルの管理者権限(Administrator)が必要です。
  • システムデバイスをバックアップするため、システムデバイスとは別に、外付け、または内蔵のハードディスクが必要です。
  • システムデバイスと同じデバイスインタフェースを持つハードディスクが必要です。(新しいハードディスクは古いハードディスクと同じ位置につなぎかえてください)
  • C:ドライブにある Windows に対してご使用ください。他のドライブに Windows がインストールされている環境には対応していません。
  • Microsoft .NET Framework 2.0がインストールされていない環境では、本製品のインストール時に自動的に Microsoft .NET Framework 2.0を自動的にインストールします。 (ダウンロード版は、この限りではありません。)
  • 一部の古い PC では、大容量ハードディスクを認識できない場合があります。大容量ハードディスクへ移行する場合、古いハードディスクと入れ替えて使用できることを、あらかじめご確認ください。
  • ダイナミックディスクには対応しておりません。
  • 一部の隠しパーティションを除いて、Windows 上で認識できないパーティションには対応していません。
  • ドライブ文字を割り当てていないパーティションには対応していません。(コピーできません)
  • Windows XP / Vista / 7 標準のブートローダ以外には対応していません。
  • デュアルブートなど、複数の OS がインストールされている環境には対応していません。
  • HPA という方式の隠しパーティションには対応していません。HPA 方式を使っているハードディスクを Windows の管理ツールで見ると、隠しパーティションのサイズだけディスク容量が少なく見えます。
  • 対応している隠しパーティションは次の通りです。
    » 0x12: IBM(ThinkPad Tシリーズ)など
    » 0x1c: TOSHIBA / DELL など
    » 0x27: WinRE など
    » 0xa0 / 0x84: HP など
    » 0xd / 0xdd / 0xde: DELL など
    » PC Angel: Gateway など