約7000万台のPCがWindows7&8へ移行!

マイクロソフトの発表では、一般ユーザーで約1550万台、法人で1140万台の既存のPCがWindows7&8へ移行可能であり、さらに、買い替えで一般ユーザで1980万台、法人で約2310万台のPCでWindows7&8が動作すると想定されています。つまり、全体で約7000万台の PCがWindows7&8に移行する大引越し時代が到来します。

Windows7&8へ移行メリット
WindowsXP,2000,VistaからWindows7,Windows8へ移行するメリットは、大きく3点あります。 パフォーマンステスト結果
 
・パフォーマンスの改善速い!
Windows7&8は、メモリを効率よく利用するように改良されており、VistaやXPよりも快適に動作します。
 
・操作性の改善使いやすい!
Windows7&8は、アプリケーションの起動などを効率よく行えるようにユーザーインターフェースに様々な改良が行われています。
 
・互換性の向上互換性が高い!
Windows7は、Vistaとの高い互換性を維持し、アプリケーションの互換性の問題が起こった場合には、OSが自動的に対処します。また、XP互換機能を利用する ことでXPのアプリケーションを直接動作させることができます。
また、「XPモード」を使用することで、Windows 7内の仮想マシン上で、以前のWindows XPのソフトウェアを実行することもできます。
 
Windows7&8へ移行する際の問題点
XPからWindows7&8へのバージョンアップは、XPが2世代以上前のOSということでサポート対象外となっています。実際に移行するためには、XPから手作業でデータやアプリケーションを移動する必要がありますが、この作業は、非常に手間と時間がかかります。

環境移行ソフト「ファイナル パソコン引越し」を使ったパソコン引越し

パソコン引越し9 環境移行ソフト「ファイナルパソコン引越し」を使えば、移行元のパソコンから移行先のパソコンへの環境移行を自動的に行うことができます。

Windows7&8 への移行方法は、新しいパソコンを購入して移行する方法と今まで使っていたパソコンにWindows7&8 をインストールして移行する方法があります。
「ファイナルパソコン引越し」は、この2つの方法で移行をアシストします。 わずか3ステップで簡単移行!

詳しくはこちら購入はこちら


企業のパソコン移行により発生するコストを大幅削減(導入効果)

「ファイナルパソコン引っ越し」で削減できるコスト

「新しいパソコンに今まで使っていたパソコンの環境を移行するためにかかる時間は、情報システム部へのパソコンの移動、パソコンの初期化、アプリケーションのインストール、データの移行、設定作業などで、パソコン1台あたり、約14時間が必要と試算されます。

会社が移行しようとするパソコンの台数を掛け合わせると、トータルでは、相当の時間がパソコンの移行作業に費やされてしまいます。 手作業で移行した場合とファイナルパソコン引越しを使って移行した場合のコストを比較すると、1台当たりでは、11.85時間、72,525円のコストが削減できます。

導入事例

事例1
事例2

PC環境・データ移行 ファイナルパソコン引越し 今すぐ購入 もっと詳しく

ファイナルパソコン引越し 追加ライセンス

ファイナルパソコン引越し 専用USBケーブル

ムービーでわかる ファイナルパソコン引越し

企業情報データ復元

NetNanny 親子インターネットフィルタリング

ファイナルハードディスク入れ替え

カタログダウンロード

AOSテクノロジーズデータ復元ソフトデータ復旧サービスフォレンジックサービス

パソコン引越しソフト移行サービスバックアップ自動管理有害サイトフィルタリング