• データ復旧
  • データ抹消
  • パソコン引越し
  • 入れ替え&バックアップ
  • フィルタリング NetNanny

ファイナルハードディスク/SSD入れ替え13plus ハードディスクを丸ごとコピー 簡単操作でOS・アプリケーションすべて移行 ハードディスク/SSD 入れ替え13plus 公式ガイドブックへ 今すぐ購入 今すぐ購入

特 長

ハードディスクを丸ごとコピー 簡単操作でOS・アプリケーションすべて移行

ファイナルハードディスク/SSD入れ替え13+を使えば、パソコン内の全データ+OS+ソフト情報etc. 新しいHDD/SSDに丸ごとコピーして解決!

  • システムディスク(現在の起動ディスク)を別のハードディスクに丸ごとコピーできます。これにより、現在のシステムディスクをより大きなサイズのハードディスクに交換することができます。
  • システムディスクの起動可能なバックアップを作成できます。これにより、ハードディスクがコンピュータウィルスによって障害を受けたり、物理的に破損してしまった場合などに、破損したハードディスクを本ソフトウェアでコピー(バックアップ)したハードディスクに入れ替えることで、ディザスタリカバリ(障害復旧)に用いることができます。
  • 現在のディスクの整合性を保ちながら、隠しパーティション(リカバリ用パーティションや診断用パーティション)も含めたシステムディスク全体をコピーできます。
  • コピーしたハードディスクは、他のパソコン(以下「PC」)に取り付けてシステムディスク使用することもできます(Windows VistaおよびWindows 7のみ)。
  • 本ソフトウェアは、PCにインストールする必要はありません。Windows上でCDから直接実行、もしくは、CDやUSBからブート起動で実行し、作業をしていただけます。

ハードディスクの入れ替え手順

簡単操作でハードディスクを丸ごと入れ替え

OSやアプリケーションなどハードディスクの中身を丸ごと別のハードディスクにコピー。 起動可能なバックアップを作成することができます。
データを圧縮せずそのままバックアップするのでデータが壊れる心配がありません。
イメージバックアップ系のソフトの場合、DVDメディアなどにバックアップできるというメリットがある反面、イメージとして圧縮するのに時間が掛かり、またデータも壊れやすいという声が聞かれます。 「ファイナルハードディスク入れ替え」は、ハードディスクにWindows標準形式のままバックアップするので圧縮時間がなく、データが壊れる心配もありません。


主な機能

ハードディスクを丸ごとコピー

OSやアプリケーションなどハードディスクの中身を丸ごと別のハードディスクにコピー。

  • [コピー可能なデータ]
  • WindowsOS/アプリケーション/Eメール/ユーザデータ(Word、Excel、PowerPoint、JPEG、MP3ファイル)など

パーティションの自動サイズ変更

コピー先のハードディスク容量に合わせて自動的に比例配分してパーティションのサイズ変更を行います。
※パーティションのサイズは任意に変更することも可能です。変更する場合はディスクのサイズにご注意ください。

隠しパーティション対応も充実

隠しパーティションを無視してコピーすると、コピー先のハードディスクでWindowsが起動できなくなる場合がありますが、「ファイナルハードディスク入れ替え13plus」なら、オリジナルディスクの整合性を保ちながら、隠しパーティション(リカバリ用パーティション、診断用パーティション)を含めたシステムディスク全体をコピーできます。(隠しパーティションの種類によっては対応できない場合があります)



主な特長

主な特長


ハードディスク入れ替え手順

ハードディスク入れ替え手順 ノートPC編
ハードディスク入れ替え手順 デスクトップPC編

システム必要条件

動作環境
  • PC/AT互換機
  • 日本語版 Windows XP(Service Pack 2以上)、Windows VistaまたはWindows7(32・64bit対応)
  • 上記OSが正常に動作し、かつ256MB以上のメモリ(1GB以上推奨), Windows PE版を使用する場合は、768MB以上のメモリ(1GB以上推奨)
  • 256色以上かつ800×600(SVGA)以上の解像度
  • Microsoft.NET Framework 4(本ソフトウェアに付属しています)
  • 80MB以上のハードディスク空き容量(プログラムの展開用に使用されます)

非対応ハードディスクとコンピュータ機種
  • ダイナミックディスク
  • ソフトウェアRAID
  • GUIDパーティションテーブル(GPT)
  • コピー元( 現在使用しているハードディスク)がAdvanced Formatのハードディスク
  • 使用しているOSがWindows XPでコピー先がAdvanced Formatのハードディスク
  • マルチ(デュアル)ブート環境
  • WindowsがC以外のドライブにインストールされているハードディスク
  • Windows XP/Vista/7 標準以外のブートローダを使用しているハードディスク
  • HPA(Hidden Protected Area)が含まれているハードディスク
  • Advanced Format以外の512バイトでないセクターサイズ(ハードディスク ツールを使用したカスタムセクターサイズ)
  • 東芝製コンピュータのうち、「東芝RAID」または「東芝ハードディスクプロテク ション」を搭載した機種
  • ディスク全体が暗号化されているハードディスク

注意事項
  • コンピュータによっては、内蔵のハードディスクを付け替えるとメーカー保証を受けることができなくなる場合がありますので、作業はお客様の責任のもとで行ってください。
  • ご使用には、ローカルの管理者権限(Administrator)が必要です。
  • システムディスクのコピーを行うので、システムディスクとは別に内蔵可能なハードディスクが必要です。
  • 現在のシステムディスクと異なるデバイスインターフェースを持つハードディスク(例:IDEからSATAなど)への入れ替えは推奨されません。コピー先のハードディスクで起動しない可能性があります。
  • 一部の古いコンピュータでは大容量のハードディスクを認識できない場合がありますので、大容量のハードディスクに交換する場合は、お使いのコンピュータが大容量のハードディスクに対応していることを確認してください。特に137GB未満のハードディスクからそれ以上のハードディスクに交換する際は注意してください。
  • Advanced Formatのハードディスクに、Windows XPのシステムドライブを転送することはできません。
  • DELL製のコンピュータのうち、「Media Direct」がインストールされた機種は、コピー先のハードディスクで「Media Direct」ボタンでこれを起動できなくなります。
  • リカバリーパーティションのコピーも行いますが、コンピュータ機種によってはコピー先のハードディスクで正しくリカバリーができないことがあります。
  • .NET Frameworkをインストールする場合は、別途マイクロソフト社により定められた必要なハードディスクの空き容量が必要です。
このページのトップへ