データ復元サービス

ファイナルデータ シリーズ

ファイナルデータ2007 特別ネットワーク版パッケージ ファイナルデータ2007 特別ネットワーク版
(通常版)
標準価格:¥39,800(税別)[税込価格¥41,790]


販売終了いたしました。シリーズトップへ


ファイナルデータ2007 特別ネットワーク版
データ復元、データ復旧、パソコン 修理
ファイナルデータ2007 特別ネットワーク版は、ディスククラッシュなどの致命的なデータ喪失時に事前インストール不要でデータを復元します。

復元+抹消+修復+ネットワーク・データ復元機能搭載

わかりやすいウィザード形式 
初心者にもやさしいウィザード形式のインターフェイスで高度な復元技術を誰でも簡単にご使用いただけます。ファイルが消えてしまったトラブルから、復元の難しいドライブが見えなくなった場合であっても、ウィザード形式の簡単操作で復元することができます。
ウィザード画面と高度な復元ツールの画面

 
ファイナルデータ、ファイル復活、データ復旧、復元

削除
誤って削除したファイルやフォルダを復元できます。

フォーマット
誤ってフォーマットして消してしまったデータを復元できます。
 ※フロッピーディスクはクイックフォーマットにのみ対応します。

パーティーション削除/FDISK
パーティションを削除してしまってもデータを復元できます。

Eメールメッセージの個別復元
メッセージの誤削除やメールソフトのアンインストール、ドライブをフォーマットしてメールが消えてしまった場合などに、Eメールのメッセージを個別単位で復元することができます。また、メールボックスをコンパクト化した後からでも削除メッセージの復元が可能です。
※ご注意:下記以外のメールソフトには対応しておりません。またIMAPサーバは対象外です。
[対応メールソフト]
●Outlook 97/98/2000/XP/2003/2007 ●Outlook Express 4/5/6
●Mozilla Thunderbird 1.5 並びに Netscape 3/4/6/7 ●Eudoraメール ●AL-Mail
●Becky! ●Windowsメール

サムネール表示
デジカメ等の画像データを一覧表示します。
デジカメ等の画像データを一覧で表示

ウイルス
ウイルスによる削除やフォーマットで失ったデータを復元できます。

ファイルシステムの異常
FATやNTFSの情報が異常になっても復元できます。

FAT12/16/32、NTFS4.0/5.0/5.1、CDFS、UDF1.5/2.0、Ext2/Ext3に対応
※UDF1.5/2.0は、Windows 95/98/Me/NT4.0では非対応です。(Windows 2000以降でも
 環境によってはサポートできないこともありますので、試供版をお試しください)

NTFS暗号化ファイル/圧縮ファイルの復元

クラスタスキャン時のオプション追加
クラスタスキャン時にMPEG2のファイルサイズを詳細に解析するか、
 解析せずにその分早くスキャンするか選択できるオプションが追加されました。

 ツリー構造で復元
喪失したデータをディレクトリのままツリー構造で復元できます。

 回収ファイル機能
ファイル情報が失われてしまったデータでも、パワーアップされた拡張子情報のデータベースを利用して復元することが可能です。回収ファイルの対象となる拡張子に、Office2007のdocx, xlsx, pptx, accdb, one, pub, vsdの拡張子が追加になりました。

プレビューア機能
TEXT/HTML/JPEG/BMP/Word/Excel/PowerPointなどのファイルプレビューに加えて、ZIP/RAR/ALZ/TARファイルは圧縮されたファイル名も一覧できます。

RAIDドライブからの復元

断片化したフォルダやファイルに対応
独自の技術により復元力を大幅にアップします。

スキャン結果の保存
一度スキャンした結果を保存しておくことができ、後から復元を行う場合にもう一度スキャンしないで済みます。

幅広いメディアに対応
FD/HD/MO/Zip/Jaz/PD/マイクロドライブ/コンパクトフラッシュ/スマートメディア/SDメモリーカード/メモリースティック/USBメモリ/xDピクチャーカード/CD-ROM/CD-R/CD-RW/DVD-ROM/DVD-RAMに対応。(DirectCD/HFS/Mix mode/CD-DA/CD-ROM XA<2セッション以降>については未対応です。)

ディスクビューア機能
クラスタ、セクタ単位でディスクを16進ダンプ表示できます。
 
データ修復機能
Microsoft Office(Word、Excel、PowerPoint®、Access)ファイルの修復
Officeアプリケーションでは正常に読むことの出来ないOfficeファイルに対して、ヘッダーに異常がある場合には修復を行い、Officeアプリケーションから開けなくなったファイルもデータ本体に異常がなければファイルを修復しアプリケーションから開けるようになります。
損傷の状況によっては、修復できないかまたは部分的な修復となる場合があります。
※Word 95/97/98/2000/2002(XP)/2003 Excel 95/97/2000/2002(XP)/2003
  PowerPoint® 97/2000/2002(XP)/2003 Access 95/97/2000/2002(XP)
 で作成したデータに対応しています。
※Accessの場合、削除されたテーブルを修復します。
破損ファイル復元ウィザード
開けなくなったファイルの修復
データ本体に損傷がなければ、正常な部分だけでも読めるよう状態に修復します。
※損傷の状況によっては、修復できないかまたは部分的な修復となる場合があります。

MPEG1/MPEG2ファイルの修復

Oracle® エクスポートファイルの修復
 
ネットワーク・データ復元機能
ネットワーク経由でデータ復元
TCP/IPまたはIPX/SPXプロトコルを通じてネットワーク経由で遠隔のWindows、LinuxまたはDOSで動いているマシンのディスクをスキャンし、復元することができます。
LinuxのEXT2、Ext3に対応。Sambaサーバで使用されたCAPコードにも対応します。
※本体ライセンス×1、対象(エージェント)ライセンス×5までお使いいただけます。
WinSlave、LinuxSlave、DosSlaveの組み合わせは自由です。

ネットワーク経由でデータ復元
  1. 遠隔で復元したいPC上で「WinSlave.exe」を実行
  2. 復元作業を行うPCからIPアドレスと起動時に設定したパスワードを入力し、【接続】ボタンをクリック
  3. 接続に成功すると、ドライブ選択ウィンドウが表示されます。ネットワーク接続先のコンピュータのハードディスクが、ローカルのハードディスクのように復元作業をすることができます。

ファイル拡張子情報の追加(カスタムファイルフォーマット)
クラスタスキャンで検出する回収ファイルの拡張子情報を追加することができます。特殊なアプリケーションや企業独自アプリケーションのデータを復元するための強化策に。

ファイル比較
2つのファイルを比較し、ファイルの差異を検出したり、拡張子のパターンを検出するのに使います。

レポート作成
スキャン結果を一覧表示してレポートとして保存することができます。
 
データ抹消機能
ファイル選択抹消
ファイル・フォルダを選択して抹消。各種メディアにも対応。

空き領域抹消
ディスク内の過去に消去したはずの残存データを抹消。

履歴(プライバシー)抹消
インターネット履歴/インターネットキャッシュ/Cookie(クッキー)/オートコンプリート/ 最近使ったファイル/ファイル名を指定して実行の履歴を抹消することができます。
履歴抹消

ディスクビューア
ディスクをダンプ表示して、クラスタやセクタレベルでデータがきちんと消えているかを確認できます。

抹消レポート機能
レポートの保存・印刷も可能。

メールファイルの抹消
Eメールメッセージの復元で「メールを探すディスクを開く」を選択して検出されたメールファイルに対して、マウスで選択して抹消できます

 
抹消方式一覧表
世界最高水準の抹消機能を搭載
用途に応じてセキュリティレベルを7段階で任意に選択可能
抹消方式一覧表
レベル1:ゼロ書き込み方式(ゼロ値で書込み)
レベル2:乱数書き込み方式(乱数値で書込み)
レベル3:乱数+ゼロ書込み方式(乱数値で書込み後、ゼロ値で書込み)
レベル4:米国国家安全保障局(NSA)方式(3回書込み)
レベル5:米国国防総省(DoD5220.22-M)標準(7回書込み)
レベル6:米国国防総省(DoD5220.22-M)拡張(乱数値で3回+DoDで7回+乱数値で3回)
レベル7:Gutmann方式(Gutmann方式で35回+ゼロ値で1回)
 
動作環境
PC/AT互換機
(NEC PC-98シリーズでは、物理ドライブの認識ができないなど、正常に機能しない場合があります。)
 
システム必要条件
日本語版Windows95/98/Me/NT4.0(SP6以上)/2000/XP/Server2003/Vista 
128MB以上のRAM
20MB以上のディスク空き容量
2倍速以上のCD-ROMドライブ
256色以上VGA解像度
 
ご使用に際してのご注意
データトラブルの起きたドライブには本製品をインストールせす、CD-ROMから直接実行することをお勧めします。
ファイナルデータは、火災や落雷、落下、水没、などによりディスクが物理的に破壊された場合や電気的な破損には対応致しません。
OSから認識できないデータでも本製品で復元できる可能性はありますが、どんなデータでも復元できることを保証するものではありません。
復元したデータの文字化け等の異常を含む場合もあり、整合性を保証するものではありません。
ファイナルデータはOSやアプリケーションを復旧またはリカバリするものではありません。
損傷したデータの修復は対象となるデータに限定されます。また必ず修復できることを保証するものではありません。
ファイルを削除後にWindowsをログオフまたは再起動した場合、一部のファイルは復元できません。
ソフトウェアにより圧縮ドライブを使用している場合は、ファイナルデータを使用できません。
断片化したファイルは使用できない場合があります。データ自体が上書きされた場合は復元の手段はありません。(まずは試供版をご利用ください)
ご使用には管理者権限(Administrator)が必要です。Windowsにて動作します。
Windowsが起動しない場合、正常にWindowsが動作する環境を用意して障害のあるディスクを接続する必要があります。
データの復元先として別途ドライブが必要になります。PC1ドライブ(C:のみに対応)しかない場合は、復元用のディスクをあらかじめご用意ください。(SCSIやUSBのHDD、MO、CD-RWなど)
同一名による上書きをした場合、データを復元できるか否かはファイルサイズや使用したアプリケーション、又ドライブの状況に依存します。
データ復元の可能性と復元率は、お客様のディスクの使用状況により異なります。コンピュータが動いているだけで復元率が低下する危険もあるため、製品も試供版も100%のデータ復元を保障するものでありません。
ターミネータ(データ抹消)機能はデータを完全に抹消するものです。どのような復元ソフトを用いても本製品で抹消したデータを復元する方法はありません。十分ご理解の上、ご使用ください。本製品で動作OS自体を抹消することはできません。
 

| 会社概要 | プライバシー・ポリシー | お問い合わせ|