ファイナルパソコン引越し2007
環境移行ソフト、引越し、アプリケーション
サイト内検索
更新サービス
データ復元サービス

ファイナルパソコン引越し シリーズ

パソコン引越し2007LANクロスケーブル
パソコン引越し2007USBケーブル
パソコン引越し2007乗換優待版
2007年3月2日発売!
ファイナルパソコン引越し2007 PRO
「 ファイナルパソコン引越し2007 PRO」
 (通常版・LANクロスケーブル付)
 標準価格 5,900円(税別)/6,195円(税込)

「 ファイナルパソコン引越し2007 PRO USBリンクケーブル付き」
  標準価格 6,800円(税別)/7,140円(税込)

「 ファイナルパソコン引越し2007 PRO 乗換優待版」
  標準価格 4,800円(税別)/5,040円(税込)

「 ファイナルパソコン引越し2007 PRO PC本体同時購入版」
 ※パソコン本体売り場限定の商品となります。
  標準価格 5,800円(税別)/6,090円(税込)




パソコン引越し2007を使えばこんな面倒ともサヨウナラ
ファイナルパソコン引越し2006PROとは
古くなったパソコンから新しいパソコンへ、簡単な操作で丸ごと環境を移行!
今まで使っていたパソコンのデータや設定だけでなく、アプリケーションまで含めた全てのデータを丸ごと一度に引越しすることが可能です。パソコン初心者の方でも細かい設定をすることなく、わかりやすいウィザード形式に従うだけで簡単に作業を行うことが可能です。

使い慣れたパソコン環境を新しいパソコンに丸ごと移行
インストールしたアプリケーション ※1
ユーザが作成したデータファイル(マイドキュメントなど)
 Windows XP/2000 の「マイ ドキュメント」はWindows Vistaの「ドキュメント」へ
インターネットのお気に入り、ホームページ設定
 InternetExplorer6からInternetExplorer7へのお気に入り、ホームページ等の移行
Eメール(メールボックスやアカウント、アドレス帳)※2
 Outlook ExpressからWindowsメールへの設定
デジカメ画像
音楽やムービーデータ
※1ハードウェアに依存したアプリケーション、設定は移行されません。
※2受信用パスワードは移行されない場合があります。
製品特長
アプリケーションの移行も可能
今まで使っていたパソコンのアプリケーションも、移行先のパソコンに新たに
インストールし直す手間なく、移行することが可能です。
※ハードウェアに依存したアプリケーション、設定は移行されません。

ファイルやデスクトップ設定を移行
ウィザード形式に従うだけで簡単に移行作業が完了します。
移行後は、使い慣れたパソコンと同じ感覚で新しいパソコンを使い始めることができ、面倒な再セットアップの手間を省きます。

複数アカウントの環境でもデータの移行が可能

やり直し(アンドゥ)機能
引越しした後の動作に問題があった場合、引越し前の状態に戻すことができます。

コントロールセンター
移行するレジストリなど詳細な設定を行うこともできます。

 
カンタン!わずか3ステップで『丸ごと引越し』完了!
 
動作環境
PC/AT互換機
 
システム必要条件
OS:Windows 2000 Professional SP4 / XP Home SP1,SP2 / XP Professional SP1,SP2 / Vista
※サーバOSは非対応 ※64bit版のOSは非対応
CPU:Intel Pentium 700MHz 以上のプロセッサ、または互換のプロセッサ
メモリ:128MB以上のRAM
ハードディスク空き容量:30MB以上(データを受け渡しするための容量が別途必要になります。この容量は、転送されるデータサイズに依存します)
ディスプレイ: Super VGA (800 × 600) 以上の高解像度ビデオ アダプタおよびモニタ
ドライブ: CD-ROM または DVD-ROM ドライブ (ダウンロード版では必要ありません)
引越し元のパソコンにアクティベーションを行うためのインターネット接続
※アクティベーションは必ず引越し元のパソコンでのみ行ってください。
※ご使用にはローカルの管理者権限(Administrators)が必要です。
※引越し元のパソコンにインターネット接続環境がない場合、アクティベーションに数日かかる場合があります。
※1プロダクトキーにつき1回の移行が可能です。
 
ご使用に際してのご注意
管理者(Administrators)権限でインストールしてください。
どちらのコンピュータにも本ソフトウェアをインストールして、実行する必要があります。
本製品を実行するには、どちらのコンピュータもローカル管理者(Administrators)権限を持つユーザでログオンする必要があります。
本製品をご利用いただくには、インターネットに接続した状態でプロダクトアクティべーション(ライセンス認証)が必要です。
本製品を使用する前に、システム トレイで実行中のアプリケーションを含むすべてのアプリケーションを終了してください。セキュリティ対策ソフトが稼動している場合、思わぬ不具合が発生することがあります。
システムドライブがCドライブでない場合には不具合が発生する場合があります。デュアルブートのコンピュータでのご使用はサポート対象外です。
Cドライブ(システムドライブ)のデータははCドライブへのみ引越しが可能です。
本製品を使用後、転送元のコンピュータや転送先のコンピュータから特定のソフトウェアを削除する必要がある場合があります。それぞれのソフトウェアの使用許諾内容に従ってください。
本製品は、互換性を最大限に維持するために、転送されないシステム設定ファイルがあります。これは、システムユーティリティ(ウィルス対策ソフトやスパイウェア対策ソフト)やサービスを使用するアプリケーションの動作に影響する場合があります。この場合、転送先のコンピュータでアプリケーションの再インストールが必要になります。また、本製品はハードウェア設定情報は転送しないように設計されているため、プリンタや他のハードウェアを動作させるために、ドライバのインストールが必要になる場合があります。
移行するアプリケーションによっては新しいコンピュータのオペレーティングシステムでの動作が保証されていない場合があります。その場合は新しいコンピュータでアプリケーションは正しく動作しません。
古いコンピュータの設定のうち、ハードウェアに依存した設定(画面解像度など)やネットワークの設定(IP設定など)など、移行しない設定もあります。
音楽ファイルのようなデジタル著作権付きのファイルやハードウェア情報を元にアクティべーションを行うアプリケーションは転送先のコンピュータ上で動作しない場合があります。この場合、転送先のコンピュータ上で再アクティべーション、または再インストールが必要になりますので、詳細な方法についてファイルまたはアプリケーションの提供元へご確認ください。
インストール完了後に、ファイナルパソコン引越しを実行するとWindows ファイアウォールでブロックされる場合があります。その場合はブロックを解除する必要があります。
新しいコンピュータのOSは、古いコンピュータと同じOSであるか、あるいは古いコンピュータのOSより新しいOSに限られます。Windows XPからWindows 2000、Windows VistaからWindows XP/Windows 2000に移行することはできません。
新しいコンピュータのOSがWindows XP Homeである場合には、古いコンピュータのユーザ名が Administrator であっても、必ず移行の際にWindows XP Home上の別のユーザ名を指定する必要があります。また、コンピュータの管理者(Administrators)か、制限付きアカウント(Users)のみを移行することができます。
専用USBリンクケーブル以外のUSBケーブルではご使用になれません。
2台のコンピュータをLANケーブルで直接接続する場合はクロスケーブルをご使用ください。ストレートケーブルではご使用いただけない場合があります。
1プロダクトキーにつき、1回の移行が可能です。
アクティベーション後に古いコンピュータ(移行元のコンピュータ)をリカバリした場合、引続きご使用いただくにはライセンスを追加購入していただく必要があります。
アクティベーション後に古いコンピュータ(移行元のコンピュータ)のコンピュータ名を変更すると新たなプロダクトキーが必要になります。コンピュータ名の変更が必要な場合はアクティベーションを行う前に変更してください。
 
 
 

| 会社概要 | プライバシー・ポリシー | 採用情報| サイトマップ | お問い合わせ|